利用する際、どれを選べばよいのか悩ましいところです。

ウォーターサーバーを選ぶ際、衛生面や安全性の高さのほかにも、利便性やコストなども含め、自分に合ったものを選択する必要があります。

 

安全性

安全性とはすなわち「ボトルの素材」の事です。

ほとんどのウォーターサーバーは再利用できるガロンボトルタイプを採用しています。

何故かと言うと、このボトルは繰り返し使えるため、エコとしては非常に有用ですが、使用されている「ポリカーボネート」素材が、安全性において問題視されています。

具体的にはポリカーボネート素材のガロンボトルを使用していると、ボトルの高温殺菌洗浄を行う際に、ビスフェノールAという胎児の神経や行動に影響を与える恐れのある物質が溶け出している可能性が高いことが指摘されています。

あくまでも可能性ですが、特に自宅に乳幼児がいる場合は避けたい素材です。

日本国内でも厚生労働省が乳幼児に対して、ポリカーボネートボトルを採用した製品を使わないように注意を呼びかけています。

 

衛生面

ウォーターサーバーのお水は主に、は飲料水や料理などに使用するため、衛生面が徹底されているかどうかは重要なポイント。

空気中には目には見えない埃や塵、ウイルス、細菌などがたくさん浮遊しているため、外気に触れるとこれら雑菌が水の中に入り込んでしまいます。

これら外気がボトルの中に入り込まないような構造になっているかどうかをチェックする必要があります。

 

利便性

ウォーターサーバーは毎日使用するものなので、使い勝手がよい物でないと続きません。

各社、ウォーターサーバーには便利な機能がそれぞれありますが、自分にとって、ウォーターサーバーの使い勝手に何を求めているかを考えてみましょう。

人によっては毎日たくさんの水を使うので大型のタンクを求めている人、ウォーターサーバーを置くスペースが限られている為、コンパクトなサイズを求めている人、お水のセットが簡単なものを求めている人などなど・・・。

出来る事なら実際に店頭などで実物を見たり、店員に詳しい説明を聞くなどして、自分に合ったウォーターサーバーを見つけましょう。

 

経済性

これも重要なポイントですね。

ウォーターサーバー自体を場合と、メーカーからレンタルする場合の2種類あります。

最初にコストをかけて購入してしまうか、月々のレンタル料をかけてレンタルするか・・・。

しかし最近ではレンタル料は無料のところも多いようです。

長期間使用する場合は本体を購入する方が新品を利用できるし、経済的かもしれませんが、子供がある程度大きくなるまで、など一定の期間しか利用する予定がない場合はレンタルするのもひとつの選択肢でしょう。

その他にもメンテナンス費用や電気代、専用の飲料水の料金など諸費用がかかってくるので、ある程度の期間利用する場合のトータルコストを比較してみることが大切です。

お水の賞味期限もまちまちです。一人暮らしなどで水の消費量が多くない場合はチェックしたほうが良いかもしれませんね。

【関連サイト】安いウォーターサーバー
コストパフォーマンスに重視してウォーターサーバーを格付けランキング。経済性を第一に重視する方はこちらのサイトを参考にしてください。

  

水を変えれば料理がもっとおいしくなる!

日本料理にとって水はとても大事です。 とくにだしですね。だしが美味しいかどうかで料理の味がずいぶん変わります。

良いだしの条件とは出しの材料が良いこと。そして水も良いことです。 いくら材料がよくても水がまずいと台無しになってしまいます。

硬水を使ってだしをとろうと思っても旨味成分がなかなか溶け出しません。 マグネシウムやカルシウムが多く含まれる硬水ではタンパク質が固まってしまうからです。

日本の水はほとんどが軟水なのであまり問題にはなりませんが、外国で出しを取ろうと思ってもなかなか同じ味にはならないのは水の違いからくるものです。

近年の水の味の低下に伴い、だしの味も低下しているところがあります。 例えば、かつて大阪ではだしの味をきかせた薄い醤油味のけつねうどんというものが人気でした。 でも今では肉や油をたっぷりつかったギトギトしたうどんやメニューが好まれているのだそうです。 だしの味が変わってしまい、以前のようにおいしいあっさりとしたうどんがなかなか食べられなくなったことが原因ではと言われています。

大阪の水は元々とてもキレイでした。でも水源の汚染によっておいしい水はなくなってしまいました。 一度汚染された水は浄化したり、薬品などで処理しても元のおいしい水にはなりません。 大阪では地下水の汲み上げも地盤沈下の影響を心配して禁止されています。 ですからおいしいだしを取るための水がなくなりつつあるのです。

  

硬水と軟水

日本の水は軟水ですが、ヨーロッパの水は硬水です。 なので同じ料理を作っても味が違いますし、料理方法も変わってきます。

水が豊かな日本の料理は煮物や汁物、ゆでものなど水を沢山使う料理が多いです。 一方ヨーロッパや中国では、日本のように水を使う料理ではなく蒸したり野菜から出る水分で煮込むような料理が主流です。 また油で炒めたり、牛乳やワインで煮たりもしますね。 水を加えて料理をすることはあまりないです。

日本では素材の持つ本来の味をなるべく生かすのが良いという考えがありますね 新鮮な食材が手に入ることに加え、おいしい水があるからこそこのような考え方が根付いたと言えそうです。

ところが現在は油を使った料理や味の濃い料理が好まれています。 水道水をそのままおいしく飲めていた時代と比べ、現在は水の味が落ちていることが影響しているのではないでしょうか。

  

料理にもミネラルウォーターを

料理をする際にもミネラルウォーターを使用している人が増えています。 ただ水の選択を間違うと料理の味も落ちてしまうので注意が必要です。

だしを取る場合や肉や豆を煮込む場合は軟水を使用します。 カルシウムなどが多い硬水を使うとタンパク質を硬くしてしまうからです。 ただし、すじ肉を煮込むときは硬水が良いです。 硬くなったタンパク質がアクとして出て行くからです。

また野菜を煮込む時も軟水が適しています。

それからごはん。これこそミネラルウォーターを使用しましょう。 水道水には塩素が含まれているのでビタミンが壊れてしまう可能性があります。 中硬水あるいは軟水が適しています。 ごはんも水の良し悪しで味が左右されやすいです。

ミネラルウォーターを選ぶ際にはラベルをみてみましょう。 含有ミネラルやペーハーが表示されています。 硬度は書かれていないものもありますが、簡単な計算でわかります。

「カルシウム量x2.5」+「マグネシウム量x2.5」を計算します。 その合計が100以下なら軟水です。500以上であれば硬水です。

日本のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですが、輸入された水は硬水が多いです。 目的にあった水を使い分けて見ませんか。

日本のおいしい天然水が飲みたい!→→→天然水を取り扱っているウォーターサーバーはこちら

  

コーヒーやお茶の話

日本でコーヒーや紅茶が良く飲まれるようになったのは明治以後です。 欧米から輸入されました。

日本ではどちらも人気がありますが、ヨーロッパではコーヒーをよく飲む地域と紅茶を飲む地域とはっきり分かれています。 大陸ではコーヒーですがイギリスでは紅茶が一般的です。 この違いは水にあるのではと考えられます。 コーヒーは水がまずくても濃い味と香りでごまかせますが、紅茶はそうはいきません。 実際イギリスの水はおいしく、フランスやイタリアでは水は悪いです。 ですからフランスやイタリヤでは食事の時もワインなどを飲んでいるのでしょう。

また日本ではお茶がよく飲まれています。 お茶は軟水でないとおいしく出ません。 とくに鉄分が多い水だとお茶に含まれるタンニンと反応してしまって黒いお茶になってしまいます。

中国では良い水があまりないので緑茶ではなく香りが強い中国茶が発達したのでしょう。 最近は日本でも中国茶が流行っていますね。 これもやはり水の味の低下によるものではないかと言われています。

  

ジュースじゃなくて水を飲もう

家に帰れば冷蔵庫にジュースやコーラが常に入っている状態ではありませんか。 今は自販機でも簡単に買えてしまうので無意識のうちに飲んでいるかもしれませんね。

子供も大人も水ではなくジュース類やコーラなどを飲む習慣は注意が必要です。 ジュースを飲むと血糖値が上がり、インスリンがたくさん分泌されます。 そしてジュースばかりを飲んでいるとインスリンがずっと出続けてしまい低血糖になります。 低血糖の状態は腸の機能の低下に繋がります。 そこで今度は血糖値を上げるためにアドレナリンが分泌されます。 アドレナリンは攻撃性があがるホルモンです。 しかもこのことにカルシウム不足が加わると精神が不安定になり暴力的になると言われています。 実際、暴力的とされる子供はジュースを1日に10本も20本も飲んでいるというデータもあります。

子供だけでなく大人にとっても体に良くないことはかわりがありません。 とくに妊娠している女性は低血糖症にならないように気を付けましょう。胎児にも影響が出ます。

ジュースやコーラではなく、まず水を飲むように心がけましょう。 本当に美味しい水はそれだけでやさしい気持ちにしてくれると言います。

気軽に美味しい水を飲むならウォーターサーバーが便利!まずはお試ししてみては?→→→お試しができるウォーターサーバーはこちら

Copyright (C) どんなウォーターサーバーをお探しですか?. All Rights Reserved.